40代の美容・健康・旅行・グルメをテーマにしたブログ♪

nana☆happy life

インナーケア

更年期「命の母」Aその効果は?イライラ・ホットフラッシュ・便秘解消の効果を実感。

『命の母』更年期の症状の変化について

特に40代に入ってから

更年期の症状を感じ始めました。

少しずつジワジワと

更年期と実感する症状が

出てくるようになりました。

急にのぼせたり、頭痛や吐き気

動悸や物忘れなど・・・。

時には急に頭に血が上るように

イライラしたり。

どうしたんだろう私。

本人にしか分からないこの辛さ。

今までと違う心と体の変化・・・。

放っておくよりも

改善できる道があるならば

どんなに心身が楽になるかと考え

サプリメントをいくつか試し

「命の母」を飲み始めましたので

その効果や副作用について紹介します。

更年期とは

女性は閉経を迎える前後の

5年間が更年期となります。

閉経前になるとだんだんと

卵巣機能が衰えてきて

女性ホルモンの分泌が

減少します。

 

女性ホルモンのエストロゲンが

減少するとホルモンはバランスを崩し

心と身体に様々な変化をもたらします。

ただ全員が必ず更年期の症状が

出るわけではなく

仕事や家庭環境、

性格的な要素も関係してくるようです。

体の症状

・肩こりや腰痛

・頭痛

・吐き気

・のぼせやほてり

・動悸

・物忘れ

・消化不良

・めまい

心の変化

・イライラしやすい

・落ち込みやすい

・不眠

・些細な事が気になる

・つい攻撃的になる

体験した更年期の症状

最初の症状

私は38才の頃にひどい片頭痛を

発症するようになりました。

めまいの前兆から始まり

3日位寝込むような酷い頭痛で

脳神経外科の頭痛外来へ

通うようになりました。

病院の先生からは

ホルモンバランスも関係していて

閉経するとなくなる場合が多い

という話を伺いました。

頭痛の発症を抑える予防薬と

偏頭痛の発作時に飲む薬を

処方してもらっていました。

だいたい5年程通いましたが、

最初の1年はなかなか症状が緩和されませんでした。

いつ偏頭痛に襲われるのか恐怖でしたが

薬で落ち着かせられたのが

幸いでした。

精神面の症状

38才頃~

当時仕事が多忙を極めていたのもあり

カーッとなりやすかったり

イライラしやすくなっていました。

40代というのは、仕事を続けてきていれば

責任のある立場にいる人が多いと思います。

家族の事で悩んだりする事も多い年齢です。

子供の受験や親の介護など

多忙を極めているかもしれません。

 

42才頃~

この頃からホットフラッシュが始まりました。

突然一人で暑くなったり

のぼせたような症状がありました。

そんな時は、服をぬいだり

氷入りのドリンクを一気飲みして

症状を落ち着かせるように

していました。

 

43才頃~

物忘れが増えてきました。

PCを開いて、他のソフトを開いた瞬間に

あれ?!何で開いたんだっけ?

という事が増えていました。

性格的には、細かい事を気にしない

おおざっぱで楽観的なタイプですが、

些細な事をくよくよ考えてしまったり、

イライラした後に、そんな自分に落ち込むようになっていました。

 

44才頃~

ストレスが多かった事もありますが

初めて不眠になりました。

電車でも寝れるタイプでしたが

布団に入っても眠れない日々が続きました。

夜中の3時~4時になっても眠れない。

頭の中をぐるぐると考え事が回り

交感神経が働きすぎて眠くならない。

物忘れは記憶障害のように

スコーンと抜けるようになり

認知症?と心配になるほどでした。

 

何をしても楽しくなくなり

動悸も度々起こるし、

私うつ病なのかな・・・。

と心配になりました。

薬局で心を穏やかにする薬を買うようになり

極度のストレスを感じそうな時には

薬を飲まないと立ち向かえないほど

心身が疲れたような症状でした。

 

45才頃~

私より少し先に更年期を迎えた

友人に話を聞くと

みんな同じような体験をしていたのです。

1番多かったのが、

ホットフラッシュとイライラでした。

少し安心しました。

やっぱり更年期なんだと思い

更年期にしっかり向き合う事に。

限界を超えていた体の健康を取り戻す為に

仕事を辞めました。

まず体を休めてから、

食事の改善・運動・命の母を

試しました。

命の母

「女性ホルモンの影響で生じる

自分ではどうしようもできない症状を

改善して女性らしく過ごす。」

という言葉が響きました!

自分ではどうしようもできない症状

まさにこの通りでした。

命の母には、和漢製薬13種類と

各種ビタミン11種類が総合的に配合されています。

命の母の効能

命の母は、漢方医学の視点から考えて

薬が作られています。

漢方医学では「気」「血」「水」の

3種類の考え方があります。

体と精神の活動に必要なエネルギー。

気が乱れると、落ち込みやすくなったり、

イライラやめまい、頭が重いと感じやすくなります。

体を巡り栄養や老廃物を運ぶ。

血が滞ると、肩こりやニキビなどの肌荒れ、

精神不安などの不調が現われやすくなります。

 

血液以外の体に必要な水分で

体に栄養を与え、余分な水分を排泄します。

滞った水の流れを促すと

体のだるさや重さ、

めまいや頭の重さが改善できます。

 

この3つの「気」「血」「水」のバランスが

更年期によって崩れているために

様々な更年期症状が出ると考えられて

その3つのバランスを整える為の

13種類の和漢製薬と11種類のビタミンが

調合されています。

命の母 11種類の生薬

ダイオウ

大腸の便を押し出す

ぜん動運動を活発にして

便秘を解消します。

その他にも月経不順や

停滞している体の中の

毒素を排泄する効能があり

胸や腹部の膨満に効果があります。

センキュウ

冷え性緩和や血行を良くして

巡りを促進します。

貧血防止や頭痛やのぼせに

効能があります。

コウカ

血液の流れをよくし

血管内で滞った部分も

流していく作用があります。

血行を整えて穏やかに体調を整えます。

シャクヤク

血管の働きを整えて

血の巡りをよくして滞りを解消します。

貧血や冷え、むくみの症状を緩和します。

トウキ

女性特有の症状を緩和します。

生理不順、生理痛、更年期症状などの

症状に効果があります。

ケイヒ

体の冷えを取り血行をよくします。

冷えや肩こり・腰痛の緩和と

胃腸のもたれなどを解消する

作用があります。

コウブシ

気の巡りをよくし

抗うつ作用や胃痛、

生理痛を緩和します。

カノコソウ

不眠の自然な睡眠薬としても

使われています。

気分を落ち着かせてストレス緩和や

不安を解消する効能があります。

ニンジン

胃腸や呼吸器系を活性。

ニンジンには疲労回復や

免疫UP、消化促進、精神安定

など広い効能があります。

ソウジュツ

体内に滞った水を解消し

むくみの解消や

胃や腸を健康な状態へ

整えます。

また利尿作用や発汗効果が

あります。

ブクリョウ

利尿作用や胃痛、下腹部痛の

鎮痛効果があります。

のぼせや冷え、精神状態の安定に

効果があります。

ゴシュユ

頭痛や肩こり、吐き気を抑え

辛い症状を緩和します。

偏頭痛薬としても使われています。

頭痛や腹痛に効果があります。

命の母を飲んだ感想

1回4粒を朝・昼・夜の3回

食後に服用します。

粒は小さめなので飲みやすいです。

前に別の漢方を飲んだら

カプセルが大きくて喉にひっかかって

辛かったけどこれは大丈夫でした!

以前は、ホットフラッシュが週2~3回ありましたが

月に1~2回あるかないかに変わりました。

イライラは頭に血がのぼるような強いものは

収まったようです。

便秘がちだったのですが、

こちらは毎日1~2回スムーズに

残便感もなくすっきり出るように変わりました。

肩こりと頭痛はまだそんなに効果を感じていないので

しばらく飲み続けてみようと思っています。

副作用で下痢になりやすい人もいるようですが

こちらに関しては、最初便秘がちだったので

滞っていた便が出た時には

1日に何度も便意がありましたが

下痢をするほどではなかったです。

夜はよく眠れるようになりましたので

女性の強い味方だと思っています。

 

こちらでも購入可能です。

送料無料でお届けできるようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】小林製薬 命の母A 840錠
価格:3239円(税込、送料無料) (2020/1/24時点)

楽天で購入

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

-インナーケア

Copyright© nana☆happy life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.