40代の美容・健康・旅行・グルメをテーマにしたブログ♪

nana☆happy life

ボディケア

バストアップ、胸の形や大きさを整える自宅での簡単バストアップ方法

バストアップ、胸の形や大きさを整える自宅での簡単バストアップ方法

バストは女性にとってとても大切な場所。

赤ちゃんに授乳をあげる役割もあるし、

女性としての丸みや色気を感じさせるポイントであります。

女性はどんな時に気になるのでしょうか

・周りの友だちに比べると胸が小さい

・水着になるのが恥ずかしい

・海に行くまでに胸を大きくしたい

・彼氏との初デートが心配

・バストが離れていて形をきれいにしたい

バストのお悩みは人それぞれですが、

なかなか人に相談できない部分ですよね。

少しバストの仕組みからみていきたいと思います。

バストの仕組み

バストは10%の乳腺と

90%の脂肪でできています。

 

バスト全体を皮膚が覆い、

大胸筋によってバスト全体が支えられています。

乳腺と大胸筋をつなぐ

クーパー靱帯もバストを支える

大きな役割を担っています。

 

バストの丸みが出始める

思春期の頃に乳腺が発育していき、

その乳腺を保護するために脂肪がついていきます。

この乳腺の割合がバストの大小に

関係していいきます。

 

思春期の頃に激しい運動を行うと

乳腺よりも大胸筋の方が発達していき、

乳腺の発育を妨げてしまうこともあります。

 

バストの変化

バストは丸みの出始める思春期から

閉経を迎える頃まで、

様々な変化を繰り返していきます。

 

思春期

思春期の頃、

女性ホルモンのエストロゲンが

分泌し始めて体に変化が出てきます。

バスじに丸みが少しづつ出始めて

バストが成長していすます。

 

バストに痛みを感じたり、

生理前に胸が張ったりと

今までなかったような悩みも出始めてくる頃です。

この頃に早めにサイズの合った

ブラジャーをつけてあげることも大切です。

妊娠

妊娠すると母乳が作られる

乳腺組織が大きくなります。

妊娠すると胸が大きくなるのは

赤ちゃんを迎える準備を体が始めていくから。

 

乳腺が増えると

脂肪も自然についてくるようになります。

バストが大きくなるので

重みを感じて肩が凝ることもあるかもしれませんね。

出産後

赤ちゃんを出産してしばらくすると

女性ホルモンが減少していき、

次第にバスト全体が小さくなっていきます。

 

妊娠期には大きくなって

張っていたはずのバストが

しぼんでいくような印象があります。

この時にクーパー靱帯も伸びてしまい、

バストが少し下がったように感じるかもしれません。

閉経後

閉経すると

女性ホルモンの影響を受けていた

乳腺組織が脂肪組織に変わるので

バストが下垂しやすい状況に変化します。

バストアップ方法

1、下着を正しい位置につける

下着の付け方はとても大事です。

 

毎日の下着を正しくつけることを意識すると

脂肪は流動性があるので変わります。

適当に下着をつけていると

脇からバストの脂肪が流れていき、

脇や背中にバストの脂肪が

逃げていくことも。

 

逆に脇や背中の脂肪を

しっかりと集めて

バストのカップに持ってくることも可能です。

脇・背中・二の腕・お腹から

マッサージするように

脂肪をバストに向けて寄せ集めて

ブラジャーのカップに固定します。

 

日々続けていくことで

バストの位置に固定されていきます。

夜寝ている時にノーブラで寝ると、

バストの重みで左右に垂れ下がってしまうので

要注意です。

ナイトブラでバストアップをしていきましょう。

2、正しい姿勢を心がける

姿勢はとても大切です。

猫背になるとバストの形が崩れやすくなります。

猫背になりがちな人は

肩を外側に1回まわしていき、

その姿勢をキープするようにするといいでしょう。

背筋を伸ばして胸を張るように心がけていきましょう。

3、バストマッサージ

効果的なバストマッサージは

お風呂で体全体を温めた後がベストです。

 

血液循環やリンパの流れが促進されている

入浴中か浴後に行うようにします。

エステサロンでも同じように

バストマッサージを行っています。

このマッサージ方法は

実際にサロンに勤めていた時に、

バストケアのお客様へ

ご自宅のマッサージ方法として案内していました。

お風呂の中でも大丈夫です。

より効果を高めたい時は、

バスト専用クリームを使って

お風呂上がりにマッサージすると

より相乗効果を発揮します。

①大胸筋や脇のリンパをほぐす

大胸筋は親指を使って軽くほぐします。

脇にリンパが滞っていると

バストアップの妨げになるので

脇をつまんでもみほぐします。

②背中から脂肪を集める

左のバストをマッサージする時は、

右手の手の平全体を使って行います。

 

右手を肩甲骨に置き、

そこから一気に脂肪をバストに集めます。

バストに持ってきたら

左手の手の平へバトンタッチして

逃げないように手で抑えます。

 

左手で押さえながら、

また右手を肩甲骨に置いて

バストに脂肪を集めます。

この動作を繰り返し20~30回行い、

反対側も同じように行います。

③二の腕の脂肪を集める

左手を軽く上に上げて、

ひじの辺りに右手の手の平をあてて、

二の腕の脂肪をバストに集めます。

 

二の腕から脇を通って

バストまで脂肪を流していきます。

この動作を20回行い、

反対側も同じように行います。

④バストを持ち上げる

お腹の方から両手の平を交互に

バストを持ち上げるように引き上げます。

この時、片方ずつ行います。

⑤バストをつまむ

親指・人差し指・中指を使って、

バストをつまみます。

小鳥のくちばしでツンツンと

餌をつつくようなイメージで

30回ランダムに

バストの脂肪がつている部分に

刺激を与えます。

血行を良くしてバストに栄養を集めます。

⑥バストの形を整える

最後にバストの丸みを整えるように

手で形を整えて終了です。

4、ストレッチ

バストアップには

ストレッチも有効的です。

バストや大胸筋に刺激を与えるように行います。

①ひざをたてて体育座りになります。

両手の平でひざとひざがぶつかるように圧迫します。

この時にひじが直角になるようにしていくと、

大胸筋が鍛えられてバストアップに効果的です。

②手の平と手の平を重ねて

バストと平行になる位置でキープ。

両方の手の平がぶつかり合うように圧迫し、

大胸筋を鍛えます。

ヨガの合掌のポーズと同じです。

③その他にも肩周り、脇、肩甲骨周りをほぐす。

5、食事

バストアップには、

栄養バランス良く食事をすることが大事です。

またバストアップの手助けになる

食事を摂るように意識していきましょう。

女性ホルモンのエストロゲンと

同じ働きをする大豆イソフラボンが含まれた

豆類(豆腐・納豆・豆乳)を摂取するようにします。

また、バストを支える大胸筋の発育に役立つ

良質なタンパク質(卵・乳製品・肉類)をとるように心がけます。

6、睡眠

夜10時~深夜2時

成長ホルモンの分泌が盛んになります。

この時はしっかりと睡眠することが大切です。

特に成長期の中学生・高校生の時は

成長ホルモンが大切なので睡眠をしっかりとります。

7.その他

ダイエットをすると

やわらかい脂肪から痩せていきます。

バストの脂肪はやわらかく落ちやすいので

無理に体重をダウンさせるような

ダイエットは注意してください。


優しく寄せるナイトブラ
》》夜寄るブラ+Plus《《



ピーチ・ジョン【ボムBTサプリ】



憧れのふんわりマシュマロバストへ【グラニティデコルトクリーム】


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

-ボディケア

Copyright© nana☆happy life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.